太陽光発電の展望

人と地球の未来を変える、
新しいエネルギー資源として注目を集めています。

石油などの化石燃料が枯渇性であることが懸念され、世界的に新しいエネルギー資源の研究開発が進められています。そこで注目を集めたのが再生可能エネルギーである太陽光。1954年にアメリカで太陽電池が発明されて以降、各国政府によりさまざまな普及支援策がとられ、市場は急速に拡大しました。世界全体の太陽光発電設備容量は、2004年から2014年までの10年間で約48倍に急成長。累積導入量は1億7700万kWに達しました。日本では、2014年の国内における再生可能エネルギー全体投資額4兆円(世界第3位)のうち、約8割を太陽光発電が占めています。世界規模で拡大を続ける太陽光発電は、日本でも一大産業になっており、今後も広がり続けます。

エーエルイーでは太陽光発電を軸にしたさまざまなエコソリューションを、販売・施工・管理・メンテナンスまでトータルでご提案。再生可能なエネルギーで光熱費などのコスト削減に貢献し、会社経営を支えます。

日本の自然エネルギー発電設備容量の推移

CLICK

太陽光発電は、企業防災としても活用されています。

太陽光発電システムには万が一の停電・災害に備え、自立運転機能がついています。自立運転機能を活用すれば、太陽が出ている間は発電した電力を利用でき、さらに蓄電池を導入すれば、夜間や発電がない時でも電気を使うことができます。災害時の情報収集や、食料・薬品保管のための貴重な電力源となり、被害の最小化や企業活動の早期回復を手助けします。

自立運転による電気機器稼働実験

CLICK

太陽光発電を軸にした、インフラ計画が進んでいます。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」や「スマートコミュニティ」といった、自ら再生可能エネルギーを生み出し、効率的に循環させるシステムの開発が進んでいます。例えばスマートコミュニティでは、太陽光発電でつくり出した再生可能エネルギーを利用し、エネルギーの自給自足が可能に。余った電力を蓄電や売電により資産として運用することもできます。インフラ全体のスマート化を目指し、太陽光発電はこれからも進化していきます。

スマートコミュニティ

CLICK

電気の売り方が選べ、選択肢が広がります。

2016年4月、電力の小売りが全面自由化され、電力会社以外の企業でも消費者に電力を販売できるようになりました。太陽光発電においては、より高い買取やサービスがある事業者へ売電先を切り替えることで、売電収入が増える可能性も。売電先の選定も、エーエルイーがしっかりサポート。導入コストの回収を踏まえ、数年先まで売電のシミュレーションをさせていただきます。安心してご相談ください。

選ばれる理由 / The reason of the choice

全国ネットワーク

全国ネットワーク

トップクラスの実績数

トップクラスの実績数

特定建設業の許可取得

特定建設業の許可取得

自社一貫体制

自社一貫体制

太陽光発電の展望

太陽光発電の展望