よくあるご質問

エーエルイーに問い合わせを多くいただく、
製品やサービスに関してのご質問を紹介します。

太陽光発電システムについて

CLICK

「機器は何年くらい持ちますか?故障することはありますか?」

太陽光パネルは故障率が極めて低いうえ、長寿命な発電システムです。

太陽光パネルは当初、灯台や人工衛星など保守や修理等、メンテナンスが困難な場所の電源として開発されました。可動部分や振動する部分も無いため、非常に故障しにくい点が特長。そのため、各メーカーとも期待寿命は20年以上に設定しています。

閉じる

CLICK

「公称最大出力(kW)について教えてください。」

公称最大出力とは、その太陽光パネルがどの位発電できるかを示す数値のことです。
この値が大きければ、同じ日照条件でも、より多くの電気を発電できます。

公称最大出力が190Wの場合、10枚設置すると190W×10枚=1900W(1.9kW)となります。

閉じる

CLICK

「変換効率について教えてください。」

変換効率とは、太陽光パネルに注がれた光エネルギーのうち、
何%を電気エネルギーに変換できるかを表す数値です。

変換効率は、以下のような計算式で算出されます。
変換効率=モジュール出力÷モジュール面積×100(%)

閉じる

CLICK

「晴れていない日でも発電できるのですか?」

発電できますが、晴れの日に比べて発電量は下がります。

空が曇っていても、太陽光が少しでも届けば発電は可能ですが、発電量はあまり期待できません。
また、晴れていても雲や障害物の影響で日陰に入ってしまうことで、発電量が低下することもあります。

閉じる

CLICK

「屋根の方角によって、発電量に差はありますか?」

最も効果的なのは、太陽電池を水平に対して30度傾けた「真南」です。

南側に設置した場合の屋根への日射量を100%とすると、南東、南西では96%、真東、真西でも85%を確保することができます。(大阪で屋根傾斜角30度の場合)。設置する屋根の傾斜角については「30度」前後が理想ですが、「20度」の場合でも、30度に設定時の98.2%を確保できます。また、最近では買取制度を利用して北向きでもメリットを出せる場合があり、設置希望者が増加しています。ご検討される際は、専門家のシミュレーションを確認した上でのご検討をおすすめします。

閉じる

CLICK

「発電量に地域差はありますか?」

発電量に最も影響を与えるのは「日射量」。それが多い地域ほど、発電量も多くなります。

太平洋側は日照時間が長いと予想されますが、周囲に高い建物等があることで日陰ができてしまうような環境では、発電量が少なくなります。

閉じる

CLICK

「季節や月によって発電量の変化はありますか?」

日照時間の長い春から夏は発電量の増加が期待できます。
また、気温が発電量に影響を与えることもあります。

多くのメーカーが採用している多結晶シリコン太陽電池は、高温になると変換効率が低下するという特徴があります。そのため、夏期は発電量が春よりも減ってしまうことがありますが、メーカーによっては、独自の技術力を活かした高温の夏場に強い商品も出始めています。発電量に関しては、メーカーや屋根の環境の違いによって大きく変化しますので、専門家にシミュレーションをしてもらってはいかがでしょうか?

閉じる

CLICK

「海に近い場所なのですが、塩害の心配はありませんか?」

海水が直接飛散しない地域ならば問題ありません。

以前までは、塩害地域向け専用のソーラーパネルがラインアップされていましたが、現在は製品自体に対策されているものが多く、塩害地域であってもそのまま使えるケースが増えています。一方で、パワーコンディショナに関しては、直接潮風があたらないように箱を設置したり、屋内に設置するなどの対処が必要になります。

閉じる

CLICK

「太陽光の買取価格は今後どうなっていきますか?」

導入費の低価格化に合わせて、下がっていくことが予想されます。

平成28年度の余剰売電価格は1kWあたり31円。全量売電価格は1kWあたり25.92円(税込)です。買取価格は今後も下がっていくことが予想されます。しかし、その背景にはシステム導入費の低価格化があり、太陽光発電が、より身近な存在になっていることを表しています。

閉じる

メーカーや業者の検討について

CLICK

「国内製品と海外製品の違いはありますか?」

信頼と実績で選ぶなら国内製。価格で選ぶなら海外製。

太陽光発電システムはメーカーによって特徴も様々。海外製品は価格も安く近年業績を伸ばす企業も多いですが、国内のメーカーと比較すると新興の会社が多くあります。エーエルイーはその中でも信頼のおける海外メーカーのみを取り扱っているのでご安心ください。国内外の幅広いメーカーの中から、お客様のニーズに最適な製品をご提案させていただきます。

閉じる

CLICK

「設置を検討する際、業者選びのポイントは?」

業者を選ぶ時のポイントは、「メーカー比較」「施工技術」
「費用対効果」「アフターフォロー」の4つです。

太陽光発電システムの施工を行っている業者は世の中に数多くありますが、施工費が安かったり、高いけれど親切だったりなど会社によって特徴が様々です。太陽光発電は高額で、 業者とは何十年というお付き合いになるため、業者選びが最も重要。そのポイントはこちらです。

◯設置条件に最適なメーカーを提案してくれるか?
◯見積もりやシミュレーション結果は正確か?
◯アフターフォローやメンテナンスの説明や体制は十分か?
◯全国各地の施工実績はあるか?

閉じる

CLICK

「業者によって種類や特長はありますか?」

業者それぞれに、得意分野や特長があります。

太陽光発電の販売・施工のみを専門に行っている会社に加え、近年では工務店や屋根工事業、リフォーム業などの関連業界が新規参入するなど、業態は様々です。その他には、営業・紹介活動のみを行い、施工は専門会社に依頼するといった会社もあります。太陽光発電の設置に必要とされる専門的なスキルは、設計力や工事・施工力、アフターフォローなどと幅広く、各業者によって得意分野も様々です。例えば、エーエルイーでは「施工~設置~アフターサービス」まで、自社社員が担当。長年培った独自のノウハウや知見があり、ワンストップとトータルで対応していく安心サービスを提供しています。

閉じる

CLICK

「太陽光パネルは、メーカーによって差がありますか?」

価格、発電量、変換効率に特徴があります。

○パナソニック・・・太陽電池の変換効率が高く、たくさん発電ができる。
○長州産業・・・比較的安価で、コストパフォーマンスに優れる。

こちらの特徴は、あくまで一つの目安です。実際には、ご予算や屋根にあわせて複数メーカーでのシミュレーション結果を見て検討されるのが得策です。

閉じる

CLICK

「業者によって保証内容やアフターサービスに違いはありますか?」

保証内容は施工業者によって、大きく異なります。

メーカー保証だけでは補えない施工やメンテナンスに関する部分は、各施工業者が独自サービスとして提供しています。太陽光発電は長期間使用するものなので、安心してご使用いただくためには、保証が充実した業者を選ばれることが大切です。

閉じる